HOME >

一般向け研修

一般向け研修

AHA ハートセーバー CPR/AED コース

ハートセーバーコースは一般の方々を対象としており、1)成人小児乳児を対象とした心肺蘇生法(人工呼吸を含む)とAED使用法を含む講習会(CPR/AEDコース)と、2)ケガやアナフィラキシーへの応急対応を学ぶファーストエイドを学ぶ講習会を学ぶ講習会(FirstAidコース)、の2種類があります。


こちらのハートセーバーCPR/AEDコースは、成人、小児、乳児を対象とした人工呼吸法を含んだ心肺蘇生法を指導するコースです。一般企業の方々、学校の先生方、PUSHコースをお受けになったがさらにレベルアップを目指したい方、などなど、ご参加をお待ちしております。

アメリカでは職業資格に位置づけられる修了カード(Heartsaver資格)が取得可能です。

(BLSは、医療者向けのヘルスケアプロバイダーHCPコースと、一般市民向けのハートセーバーコースとがあり、こちらは一般市民の方々を対象としたハートセイバーコースです。)

詳細はこちら

市民学校公開講座

NPO法人愛宕救急医療研究会では、一般市民対象の公開講座や、学校の先生や生徒さんを対象とした公開講座を開催しております。

詳細はこちら

愛宕救急オリジナル

愛宕Learning Sessionを定期開催していきます。NPO法人愛宕救急医療研究会として、インストラクターコンピテンシーを気軽に勉強する会とする予定です。ただ我々はインストラクターコンピテンシーを、単にコースでのインストラクターのためのものとは考えておらず、臨床の場での患者教育、新人教育、若手教育、さらには幅広いコミュニケーション能力と考えております。夜遅くではありますがつまみや軽食を摂りながら、毎回決められたコンピテンシーについて勉強できれば、と考えております。

詳細はこちら

慈恵PUSHコース(PUSHプロジェクト)


「PUSHプロジェクト」は、胸骨圧迫(心臓マッサージ)だけの誰でもできる心肺蘇生(そせい)の普及を通じて、突然倒れた方を救命できる地域づくりを目指します。
突然死は、いつ、どこでも、誰にでも起こりえます(大阪ライフサポート協会のホームページ参照)。突然心臓が止まってしまった場合、助かる可能性は数%と非常に低く(ウツタイン大阪調べ)、日本では毎年およそ7万人もの方が突然死で亡くなっています。
突然、心臓が止まってしまったら、一刻も早く胸骨圧迫を開始し、AED(自動体外式除細動器)を用いて、電気ショックをかける必要があります。AEDの設置は拡がりつつありますが、AEDを用いた心肺蘇生を行うことの出来る人が増えなければ、救命率の向上は期待できません。
「PUSHプロジェクト」では、心肺蘇生の中でもっとも重要な胸骨圧迫とAEDの使い方を多くの方に学んでもらうことで、突然倒れた方の救命率向上を目指します。
また、学校における心肺蘇生教育の実施を促すことで、「いのちを大切にするこころ」を育てていきます。

今年度の慈恵PUSHコースの開催予定は以下の通りです。ぜひお気軽にご参加ご検討下さい。

6月8日土曜日午後

8月10日土曜日午後(全国PUSH)

10月19日土曜日午後
(この日は慈恵大学病院ではなく東京医科歯科大学での開催予定)

12月14日土曜日午後

2月15日土曜日午後
(いずれも昼過ぎからの1時間程度の開催を予定しています。)

なおNPO愛宕救急医療研究会が中心になって活動しています「東京PUSHネットワーク」の活動につきましては、こちらのFaceBookページをご覧下さい。

https://www.facebook.com/東京PUSHネットワーク-572414202909297/





詳細はこちら

健康ハートの日「全国PUSH」 慈恵市民講座(PUSHプロジェクト)

親子でPush!心肺蘇生法を楽しく学ぶ市民講座です。日本心臓財団の定めるハートの日(8月10日)にちなんで、毎年恒例行事で、全国一斉におこなっています。年間5万人に及ぶ心臓突然死!あなたが救います。Pushプロジェクト申し込みから参加お待ちしております。

2019年度は

8月10日土曜日午後

に開催を予定しております。また詳細が決まりましたならばご案内させていただきます。

なお健康ハートの日「全国PUSH」以外にも、以下の予定で慈恵PUSHコースを定期開催しています。ぜひお気軽にご参加をご検討下さい。

今年度の開催予定は以下の通りです。

6月8日土曜日午後
8月10日土曜日午後(全国PUSH)
10月19日土曜日午後
12月14日土曜日午後
2月15日土曜日午後
(いずれも昼過ぎからの1時間程度の開催を予定しています。)

よろしくお願いいたします。
詳細はこちら

PUSHコース指導者養成講習会

【PUSHコース指導者養成講習会のご案内】

PUSHコース(DVDと一人用の心肺蘇生キットを使用した、胸骨圧迫とAEDを中心とした短時間救命講習)を地域や学校に広めるため、大阪ライフサポート協会/日本心臓財団認定のPUSHインストラクターとなり、認定PUSHコースを開けるようになることを目的とした、2日間コースを開催いたします。※参加要件がございますので、下記をご確認ください※

【参加要件】
十分な一次救命処置技能を有すること。今後、認定インストラクターとなり、PUSHコースを私たちと一緒に広げる意思のある方。

【プログラムの主な内容】
‹1日目›
1)PUSHコースのモデル展示(ベテラン指導者がモデル講習会を展示します。受講者の皆様には受講生として講習会を受けながらコースの流れを把握していただきます)
2)PUSHプロジェクトの概要説明と開催方法説明 ←「PUSHコース開き方講座」
3)双方向・参加型講習の指導のコツとフィードバックの方法(講義、実習、スモールグループディスカッション)

‹2日目›
4)救命に関する基礎知識(救急救命を専門とする医師、看護師、救命士らによる講義。) 
5)ロールプレイング(スモールグループで、PUSHコースの指導者体験とディスカッションを繰り返しながら、講習開催のノウハウを習得していただきます)など
6)筆記試験

【参加費】正会員で受講:18,000円 または 準会員で受講:16,000円となります。 

1)受講料
10,000円(各種資料およびコース開催用DVD「救え!ボジョレー!! Ver3.0」付)
2) 大阪ライフサポート協会への入会費用
入会金:3,000円
年会費:正会員5,000円/準会員3,000円
※当コースは大阪ライフサポート協会のコンセンサスに則って開催される為、入会が必要になります。
※会員種別は正会員5,000円と準会員3,000円がございますが、これは任意ですのでどちらでも構いません。
※入会記念として、「PUSHプロジェクトTシャツ」「あっぱくんライト」各1をプレゼントさせていただきます。

【修了証】講習会終了後、修了証をお渡しします。

お問い合わせはNPO法人愛宕救急医療研究会事務局(メール: atagoqq@jikei.ac.jp)まで。
詳細はこちら

PUSHコース開き方講座(簡易指導者養成講習会)

【PUSHコース+開き方講座のご案内】

13:00~13:50 PUSHコース:
胸骨圧迫とAEDの使い方を楽しく学んでいただくコースとなります。受講資格はございませんので、どなたでも参加いただけます。

14:00~15:30 開き方講座:
簡易指導者養成講習会となります。ご自身でコースを開催して、地域や学校へ心肺蘇生を広めていただくことを目的としています。
※13:00からの「PUSHコース」のモデル提示にも参加いただくことを基本としています。他団体でPUSHコースに参加された方は、開き方講座からの参加でも構いません。
・より詳しく学習したい、ロールプレイまでやってしっかりと内容を身につけたい方、認定PUSHインストラクターを目指す方は、「PUSHコース指導者養成講習会」へお申し込みください。

【参加費】
 ・PUSHコース+開き方講座 2,000円
 ・開き方講座のみ      2,000円

お問い合わせはNPO法人愛宕救急医療研究会事務局(メール: atagoqq@jikei.ac.jp)まで。
詳細はこちら

AHA ハートセーバー FirstAid コース

ハートセーバーコースは一般の方々を対象としており、1)成人小児乳児を対象とした心肺蘇生法(人工呼吸を含む)とAED使用法を含む講習会(CPR/AEDコース)と、2)ケガやアナフィラキシーへの応急対応を学ぶファーストエイドを学ぶ講習会を学ぶ講習会(FirstAidコース)、の2種類があります。


こちらのハートセーバー FirstAid コースは、ファーストエイドの基本、内科的な緊急事態、外傷による緊急事態、環境要因による緊急事態、などの応急処置を学ぶ内容です。具体的には、感染防護手袋の取り外し方、傷病者の問題点の見つけ方、アドレナリン事故注射器の使い方、止血法と包帯法、などの実技と、最後にスキルテストがあります。

 

一般企業の方々、学校の先生方、PUSHコースをお受けになったがさらにレベルアップを目指したい方、また災害時の備えをされたい方々などなど、ご参加をお待ちしております。

アメリカでは職業資格に位置づけられる修了カード(Heartsaver資格)が取得可能です。

(BLSは、医療者向けのヘルスケアプロバイダーHCPコースと、一般市民向けのハートセーバーコースとがあり、こちらは一般市民の方々を対象としたハートセイバーコースです。ご注意下さい。)

詳細はこちら