AHA ACLS Experiencedプロバイダーコース

ACLS EPコースは院外、院内を問わず生じる心血管エマージェンシー等の複雑な緊急事態に際し、適宜介入しながらその原因を特定して心停止を未然に防ぐ対応を行うことで、患者の転帰を改善する方法を学習する目的で設計された急変対応研修プログラムです。 この目的を達成するためAHAがガイドライン2010から提唱したのが拡大型の体系的アプローチ(ACLS EPサーベイ)での評価方法であります。焦点を絞った病歴聴取や「HとT」の鑑別診断、循環の視点からの評価からチームメンバーとともに原因疾患を推論しながら、チームリーダーとしてクリティカルシンキング(批判的思考)を用いた根本治療、代替治療などの対応を相談し、問題が解決できたかを再評価の解釈を考えていきます。救急救命の知識や技術に加えて、チームリーダーとしての態度や思考過程も学んで頂けるように設計されています。
本コースではACLSガイドラインの主要部分をさらに詳しく説明し、批判的思考法と意思決定戦略を奨励することで、心血管系・呼吸器系・代謝性・中毒などの複雑な緊急事態の予後を改善する治療方略を学習します。症例シナリオへの積極的な参加を通して、鑑別診断や心停止前・心停止時・自己心拍再開後の患者への治療スキルを高めます。
座学とシミュレーションでクリティカルシンキング(批判的思考)を用いたリーダーシップやチーム蘇生、臨床推論、鑑別診断、臨床決断などを振り返りながら内容を整理してきます。 蘇生科学や標準蘇生診療を学びたい医療者やクリティカルシンキングを用いたリーダーシップやチームマネージメントを学習したい医療者の受講をお待ちしております。 本コースでは短時間で広範な内容を取り扱う為、事前学習を宜しくお願い申し上げます。

AHA ACLS Experiencedプロバイダーコース
講習スケジュール・申し込み

現在、この「講座・研修」の開催予定はありません。
今後の予定につきましては こちら までご相談ください。

AHA ACLS Experiencedプロバイダーコース
学習内容

学習内容 ・ACLSコース再考 ・拡大型の体系的アプローチ(ACLS EPサーベイ)/クリティカルシンキング(批判的思考) ・心血管系エマージェンシー ・臨床薬理及び中毒学のエマージェンシー ・呼吸と代謝のエマージェンシー ・心拍再開後治療 ・特殊な心停止に対する補足

AHA ACLS Experiencedプロバイダーコース
受講対象者・条件

受講対象者 ・医師、看護師、救命救急士、コメディカルスタッフ 受講条件 有効期限内の以下のカードを提示できること。 ・AHA ACLSプロバイダーカード ・AHA ACLSインストラクターカード ・AHA ACLS EPプロバイダーカード ・AHA ACLS EPインストラクターカード ・AHA ACLSコース内で行われる実技試験と筆記試験の全てが合格基準を満たすこと。

AHA ACLS Experiencedプロバイダーコース
テキスト・試験

テキスト ACLS EPプロバイダーマニュアルG2010 (各自で御準備をお願い致します。) 試験:いずれもACLSコースと同じ内容の試験であり、EPコースに関する試験ではございません。 ・実技試験:成人の1人法CPRとAEDスキルテスト、呼吸停止症例におけるスキルテスト ACLSメガコードスキルテストを1例 ・筆記試験:84%以上の正答率 事前学習:ACLSコースと同じ内容の事前学習を行って下さい。 ウェブ上でテキスト内にあるパスワードを入力しプレテストをダウンロードして下さい。 コース当日にプレテスト実施の有無を確認し、解説を行う時間を設けております。 詳細はコース申し込み後に御案内致します。

AHA ACLS Experiencedプロバイダーコース
開催について

受講時間 1日コース 10時間 受講料金 30000円      尚、ACLSプロバイダーカード希望者はカード発行料金として別途6000円を追加頂ければ、      本コース終了時にACLSプロバイダーカードも併せて発行致します。
事前学習:ACLSコースと同じ内容の事前学習を行って下さい。 ウェブ上でテキスト内にあるパスワードを入力しプレテストをダウンロードして下さい。 コース当日にプレテスト実施の有無を確認し、解説を行う時間を設けております。 詳細はコース申し込み後に御案内致します。 ※開催場所・日時については各開催予定のスケジュールをご確認下さい。