AHA PALSプロバイダーコース


PALSコースは小児の心停止を未然に防ぐ介入から、心停止後の2次救命処置までを幅広くカバーした小児急変対応研修プログラムです。 12個の小児急変コアケースに対して体系化された評価手順を用いながら心肺停止を未然に防ぐ処置をチームで行い、必要に応じてアルゴリズムや質の良い心肺蘇生手技を利用して、蘇生や安定化を達成し、専門医(小児科医)に円滑に引き継ぐことを目的としております。 座学とシミュレーションでクリティカルシンキング(批判的思考)を用いたリーダーシップやチーム蘇生、臨床推論、鑑別診断、臨床決断などを振り返りながら内容を整理してきます。 小児患者をテーマとして扱いますが、求められる思考過程や対処方法、リーダーシップは救急医療において普遍的であります。 PALSは小児科医のための専門的な学習プログラムではなく、非小児科医及び小児に携わる機会が少ない医療者が、重篤な小児患者に接した際に小児科医との円滑な連携に際して必要とされる思考過程や対応を学習できるように設計されております。 小児蘇生を学びたい医療者やクリティカルシンキングを用いたリーダーシップやチームマネージメントを学習したい医療者の受講をお待ちしております。

AHA PALSプロバイダーコース
講習スケジュール・申し込み

現在、この「講座・研修」の開催予定はありません。
今後の予定につきましては こちら までご相談ください。

AHA PALSプロバイダーコース
学習内容

・小児の体系的評価アプローチ ・呼吸循環系スキル ・呼吸器系:呼吸窮迫・呼吸不全  上気道閉塞・下気道閉塞・肺組織病変・呼吸調節の障害 ・循環器系:代償性ショック・低血圧性ショック  循環血液量減少性ショック・血液分布異常性ショック・閉塞性ショック・心原性ショック ・心臓コアケース  徐脈・頻脈・VF/無脈性VT・PEA/心静止 ・チームダイナミクス(チーム蘇生の概念) ・小児・乳児のCPRとAED

AHA PALSプロバイダーコース
受講対象者・条件

受講対象者 ・医師、看護師、救命救急士(小児医療従事者とは限定しておりません) 受講条件 ・小児、乳児のCPRとAED操作ができる事 ・質の高いCPRができる事(AHA BLSヘルスケアプロバイダー相当の技術) (受講に当たってはAHA BLSヘルスケアプロバイダーカード提示は必須ではありません)

AHA PALSプロバイダーコース
テキスト・事前学習・試験

テキスト PALSプロバイダーマニュアルG2010 (各自で御準備をお願い致します。) 事前学習 ウェブ上でテキスト内にあるパスワードを入力しプレテストをダウンロードして下さい。 コース当日にプレテスト実施の有無を確認し、解説を行う時間を設けております。 詳細はコース申し込み後に御案内致します。 試験 ・実技試験:小児の1人法・2人法CPRとAEDスキルテスト       乳児の1人法・2人法CPR PALSコアケースを2例 ・筆記試験:84%以上の正答率

AHA PALSプロバイダーコース
時間・受講料

受講時間 ・1日コースは12時間 ・2日コースは16時間 受講料金 40000円(1日コース・2日コースを問わず)